We,mother Kaco and daughter Saya, are working on dogs and cats conservation activities.This is our activities' blog. We hope to share the information with many people, and we also would like to transmit the information. We started the activities in earnest in 2005. Looking for adopters for 9 dogs which some homeless people were unable to look after let us to start the activities.(ル二さん 訳)

2019年9月9日月曜日

はなちゃん、ごはんを食べなくなって10日になります。



シリンジで辛うじてお水は飲んでいます。

迷子になっているところを2009年8月に成犬で保護したので、はっきりとした年齢はわかりませんが、14、5歳でしょうか。

半年くらい前から痴呆の症状が出て、トイレができなくなったり狭いところに頭から突っ込んで動けなくなったりしていました。

去年の今頃、保護猫ちびちびと


でもそれらを除けば食事はしっかりととって体重も維持して内臓にも問題なし。
徐々に筋肉が落ちて体が支えられなくなりました。

食べなくなって10日。それでも4〜5時間おきに大きな声で鳴いてバタバタと動きたがります。体を支えて立たせると「その場足踏み」のような事をして、しばらくすると立ったまま寝てしまいます。どこにそんな体力が残っているのか不思議です。生きることへの執着なのか…。幸い痛みや苦しみはなさそうです。

おそらくあと数日でさよならの時が来るでしょう。自然な形で旅立てるようしっかりとお看取りをしていきます



ぽちっと応援お願いします にほんブログ村 犬ブログへ にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ

2019年7月25日木曜日

バタバタと日々を過ごしている間に2019年が7ヶ月も経ってしまいました💦
まずは2018年のおさらいから…
卒業生
・小春 1/13
・ティアラ 6/23
・ひかり 9/9
・ニコル 9/30
・タイム(仔猫)10/2
・玉三郎 10/17
 I've been running around like crazy, and it's already July in 2019! 💦
First I'll give a review of 2018...
Our Happy Tail "graduates":
-Koharu (1/13)
-Tiara (6/23)
-Hikari (9/9)
-Nicole (9/30)
-Thyme (the cat) (10/2)
-Tamasaburo (10/17)


新入生
・周作 3/26 センターから
・タイム(仔猫) 7/18
・ピーチ 7/19 センターから
・ヒヨドリ 7/26 県からの保護依頼
・ちびちび(仔猫) 8/8 自宅前置き去り
・しっぽ 10/15 センターから
・可奈 10/17 センターから
・志乃 10/17 センターから
・ゴマ 11/8 センターから
・なつめ 12/13 センターから
Our new "recruits":
-Shusaku (3/26, from the Center)
-Thyme (the cat) (7/18)
-Peach (7/19, from the Center)
-Hiyodori (7/26, as per request from the prefecture)
-Chibichibi (cat) (8/8, abandoned at my front door)
-Shippo (10/15, from the Center)
-Kana (10/17, from the Center)
-Shino (10/17, from the Center)
-Goma (11/8, from the Center)
-Natsume (12/13, from the Center)

看取り
・ヒメ 2/11 老衰
・すばる 6/15 老衰
・ローラ 6/18 急性肝炎
・ピーチ 10/30 老衰
・キキ 11/14 肝臓癌
Under my nursing care:
-Hime (2/11, senile decay)
-Subaru (6/16, senile decay)
-Laura (6/18, acute hepatitis)
-Peach (10/30, senile decay)
-Kiki (11/14, liver cancer)

昨年もたくさんの出会いと別れがありました。その中でも特に心に残っているのはセンターから来たピーチの事。いずれ心の整理をしながら紹介したいと思っています。
There were so many meetings and partings last year. Among them, the one that really is staying with me was Peach, who came from the Center. When I've processed through the whole ordeal, I'd like to introduce her to you all someday.

長い間ブログがお留守になってしまったのには訳がありまして…
私は主に老犬、病気の子、先天性の疾患を持って産まれてきた子を保護しています。でもどうやらこれは『要注意の保護活動家』に当たりるらしいのです😓  「医療費がかかる子ばかりを集めて寄付を集めようとしている」ということらしいです。別に名指しで非難をされたわけではないのですが、コレを知って「ウチもそうみられてるのかな?」と思ったらちょっと怖くなってしまって…。
I've had my reasons for not writing long blog posts for quite a while...
I'm primarially caring for old and/or sick dogs, as well as those who were born with hereditary ailments, but nevertheless I've been targeted as a "care activist to keep an eye on." 😓 Apparently there are some people labeling me as just trying to gather up dogs that need high-cost medical care and trying to get donation money. I haven't been criticized by name exactly, but since I've found this out, it's been really weighing on me that people view me in such a way and scaring me quite a bit.

でもね、一面識もない人の非難を怖がってるなんて いるのかいないのかわからない幽霊を怖がってるようなもんだと思ったら馬鹿らしくなってしまいました(⌒-⌒; )
But it's also kind of silly to be afraid of criticism from people I've never even seen the faces of! It'd be like being afraid of a ghost that may or may not even be there in the first place.  (⌒-⌒; )

ブログを通して伝えたかってことはペットショップに並ぶ仔犬、仔猫たちのパパやママの事、売り物にならないと闇に葬られてしまう兄弟達の事、保健所など行政に収容されてお迎えがなかった子たちの事。ペットショップに並ぶ小さな子達を見て「可愛い」って気持ちだけじゃ犬や猫を飼うことはできないし、保護されている子達を知って「かわいそう」って気持ちだけでもダメ。命あるものを迎えるって事を考える一助になりたいと思っています。
What I've been wanting to show the world through my blog has been this: the mothers and fathers of the puppies and kittens that are lined up all prim and proper at the pet shops, and their brothers and sisters who can't be sold and are disposed of behind the scenes; and additionally, those dogs and cats who are detained at the animal control centers run by the government and don't have any families to go to. You can't just go to a pet shop and buy a dog or a cat just because you think it's cute, just like how you can't take in a shelter dog or cat just because you think it's so sad. What I'm trying to do is to help people consider taking in another life.

現場も知らず「生きていることが不思議だ」と言われるような子のケアをしたこともない人に何を言われても気にする必要はないんだよね。そう思えたらなんだかスッキリしました( ^ω^ )
The people who have never cared for a creature who you just think, "What a wonder it is that you're alive," or seen where they came from--I have no reason to be concerned about what those people say. Let the haters hate--coming to this conclusion has really lifted a weight off me.

不思議なもので、ウチの里親さんは獣医さんや医療従事者が結構多い。専門的なアドバイスももらえるし、手術でお世話になることも多々あります。トリミングの協力をして下さるトリマーさんやトイレシートや紙オムツの支援をして下さる方も。たくさんの方に支えてもらって活動を続けられています。幽霊をこわがってる場合じゃないですよね😣
There are so many people that are vets or healthcare providers themselves who adopt from me. It's an odd thing, really. I'm able to get a lot of professional advice from them, and sometimes they help me out with surgeries and other such things. The same goes for trimmers who help me out with trimming, and the people who support me by donating potty sheets and doggy diapers. I'm able to continue what I'm doing thanks to these people. I have no reason to be afraid of ghosts. 😣

一個人が繋げる命なんてたかが知れてるけど、数にこだわることなく一頭一頭確実に(新しいお家を見つけるにしろ ここが終の住処となるにせよ)幸せをつかんでもらいたいと思っています。
My aim is to let those in my care have a chance at happiness, all as individual animals and not a "mass" of them, whether that means they find a happy forever home, or they spend their last days here with me.







ぽちっと応援お願いします Every bit of support helps  にほんブログ村 犬ブログへ にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ

2018年4月9日月曜日

玉ちゃん、里親さん募集です!

昨年6月にセンターから連れてきた玉ちゃんこと、玉三郎くん



ご覧の通りボッサボッサの毛玉だらけ

首輪をつけていたけど飼い犬だったかどうかは謎

病院での健康診断では特に問題なし。フィラリアも陰性✌️多分7歳前後であろうと

マーキングがあるからマナーベルトは必要だけど

お散歩上手、人が大好き💕

ボラさんとのお散歩では誰がリードを持っても上手にお散歩

パッチリおメメのハンサムくん

大切にしてくれる方、大募集です




ぽちっと応援お願いします にほんブログ村 犬ブログへ にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ