We,mother Kaco and daughter Saya, are working on dogs and cats conservation activities.This is our activities' blog. We hope to share the information with many people, and we also would like to transmit the information. We started the activities in earnest in 2005. Looking for adopters for 9 dogs which some homeless people were unable to look after let us to start the activities.(ル二さん 訳)

2017年4月8日土曜日

ワンズニュース 4月号

いつの間にか桜の季節になっていました。
相変わらずバタバタの日々です😓

今回のご報告は
*トーマス
*ハナ
*ハチ
*慎之介
*チビーズ Lくん
*新入り君
*オレオ


*トーマス 3月23日、旅立ちました
体重減少と食欲不振で受診。血液検査の結果、腎臓の数値が上がっていることがわかり1日おきの補液をしていましたが、23日の朝 体温の変化を感じ受診。そのまま入院となりました。帰宅後すぐに急変の連絡を受けて病院に戻りましたがすでに息を引き取った後でした。入院時の血液検査では腎臓の数値は悪いものの急変するような値ではなく、神経症状が出ていたことからおそらく脳だろうと。何らかの理由で呼吸抑制が起きたのではないかとのことでした。発作を起こしたり苦しんだりした様子はなかったということがせめてもの救いです。


*ハナ 前庭疾患再発
ゴハンを食べない、体のバランスが取れない、眼振がある→すぐに病院へ
前回と同じく特発性前庭疾患と思われますが、脳腫瘍や脳梗塞の可能性もあります。とりあえず前庭疾患としての治療をして反応を見ようということになりました。
 処方・・・セファドール、プレドニゾロン
バランスの悪さは残ったものの食欲、元気は戻りました。ホッと一安心😊


*ハチ てんかん発作
「月に1回以上発作を起こすようになったら薬を始める」と言われていたのですが2月に2回、3月上旬で既に2回発作を起こしたので薬を始めることにしました。頻繁な発作は脳へのダメージになりますからね‥‥‥
飲み始めて1ヶ月、今の所発作は起こしていません。投薬量の確認のため来週 血液検査をします。


*慎之介 前庭疾患
眼振と旋回、ハナちゃんと同じ症状。同じ薬を処方されました。斜頸は残っているものの落ち着いています。食欲の低下を心配したのですが大丈夫そう。あれだけ眼振があったのに食欲が落ちなかったことは驚きです😳


*チビーズ Lくん 3月25日、卒業しました
画数まで考慮して新しい名前を用意してくださった里親さん。ご自身もたくさんの捨てられた子猫を助けている方です。
「チビーズ L」改め「心愛(ココア)」くん。幸せになるんだよ

里親さんから届いた「心愛メール」
すっかり馴染んでのびのびとやりたい放題らしいです(^^;)




*新入り君 
トイプーの男の子、ムッシュくん。飼育放棄です。
年齢 推定6歳
体重 3キロ
膝蓋骨脱臼、変形性脊椎症
フィラリア 陽性

ここでちょっとフィラリアについてうんちく
フィラリア線虫には「ボルバキア」という共生細菌が寄生しているのですがこのボルバキア、宿主の生殖システムを自分の都合の良いように変化させるなかなかしたたかな奴なのです。
① オス殺し
ボルバキアが感染したオスのみが死に感染したメスは生き残る。ボルバキアの子孫を残すことができないオスを殺してメスの食料を増やすことで間接的にボルバキアの繁殖に貢献していると考えられる
② メス化(性転換)
ボルバキアが感染したオス個体がオスの遺伝子型を持ったまま、完全なメスの表現型を持つ。ボルバキアの繁殖に貢献できないオス宿主をメス化することにより効率的な繁殖を達成している。
③単為生殖
ボルバキアに感染したメスがオスを必要とせず、次世代を残す。受精により生殖を行なっている宿主を、単為生殖させることにより、宿主の生殖にオスは不要となり、ボルバキアにとって有利となる。
④細胞質不和合 
ボルバキアに感染したオスと非感染のメスとの交配で生まれた卵は発生しない(つまり孵らない)

いや〜〜コワイですねえ。オスは不要になってしまうのでしょうか?ヒトに感染することがないよう祈ります😏

フィラリア線虫からボルバキアを除去(テトラサイクリン系の抗生物質を使用)することにより、ほとんどの場合、フィラリアは死亡するか生殖不能になります。
ムッシュの場合、プレドニゾロン、ミノサイクリン、カルドメックを処方されました。
薬を飲みながら気長に駆虫しようね


*オレオ 4月7日、旅立ちました
保護時から肝障害があり腹水もあったオレオ。腹水を抜いてサプリなどの使用で落ち着いているように見えたのですが門脈シャントができていて少しづつ、でも確実に肝臓の数値は悪くなっていました。また、犬の場合の肝炎は人と違ってウィルス性のものではないので肝臓ガンになる可能性は低いと聞いていたのですが、先月の定期健診時のエコーで肝臓に腫瘤が見つかりました。生検の結果で原発性の肝細胞がんが疑われると…。本来なら手術で摘出してしまいたいところですがオレオの場合それはできません。
先生の話では、肝細胞ガンは進行がゆっくりで、オレオの場合ガンがどうこうというよりも肝不全になっているのでそちらの方が心配だとのこと。
3月29日、発熱と黄疸が出ている気がしたことから受診。血液検査の結果アンモニア、総コレステロール、ビリルビン、GPT、GOT、ALP、GGTと総じて高くアルブミンは低値。即入院。


4月3日、完全に良くなったわけではないけど経口での投薬が可能になったので退院させてもらいました。それに腹水も見られるのでこれ以上点滴は入れられません。正直、ここから回復して元気になることは難しいと思われました。アンモニアが上がって肝性脳症で痙攣を起こすかもしれない、腹水が溜まって呼吸が苦しくなるかもしれない。敗血症やDICも…。何かしてあげたくてももう何もしてあげられません。ならば尚更家に連れて帰りたかったのです。
  ☆DIC  播種性血管内凝固症候群
本来、出血箇所のみで生じる血液凝固反応が、全身の血管内で無秩序に起こること。全身の血管内で血栓ができるため臓器不全や出血、下血を引き起こす。

 処方 リーバクト、リフォロース

4月6日、発熱で受診。腹水を抜いてもらう。血液検査の結果、リフォロースが効いたのかアンモニアは下がっていました。でもビリルビンはさらに上がっている。白血球が少なく血小板もほとんどない。CRPが高い。敗血症…DICかな…
熱が下がればとの思いで、抗生物質を打ってもらう。

帰宅後、熱も下がってきて腹水を抜いて呼吸が楽になったのかスヤスヤ眠っていました。
「良かった、少しは楽になったのかな」

4月7日。起きた時にはもう旅立った後でした。まだ暖かい体を抱きしめて思い切り泣きました。

2014年7月28日に保護してから今日までの一緒の時間をありがとう
介護をさせてくれてありがとう
最期に一緒にいてあげなくてごめんね
やっと楽になったね ゆっくりおやすみ




ぽちっと応援お願いします にほんブログ村 犬ブログへ にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ

2017年1月26日木曜日

ローリー Rori

ローリーが逝ってしまいました。
Rori passed away.



いつもと変わらぬ様子で、ゴハンも完食。何かを要求する時にはホニャホニャ鳴いて手足をバタバタさせていたのに……
あまりにも突然で全く予想もしていなかったので、ローリーの死を受け入れることができません。
闘病中だったとか体調が思わしくなかったということもなかったのに。
何が原因だったのか、何か体の不調を思わせるようなサインを見落としていたのか?
He was acting normal, eating all his food, bouncing around his feet and crying whenever he wanted something...
It was so sudden, I can't accept that he's gone.
It wasn't like he was fighting some illness or his condition wasn't up to par.
Had I overlooked any reason, any sign that his body wasn't all okay?

10歳になったばかりのローリー。一生を終えるには早すぎる。
Rori had just turned 10. His life ended all too soon.

昨年春の歯石取りの時も、秋の健康診断の時にも特別問題は指摘されませんでした。
頚椎の問題を抱えていたのでその関係なのか……
He was determined to have no problems last spring when I took him in to get his teeth cleaned and in the fall when she had her check-up.
He had some problems with his neck vertebrae, so I wonder if that was it...

歩行異常で売り物にならないと引き取りやに引き取られたローリー。
「それ持っていくの?脳がダメなんじゃないかな。すぐ死んじゃうよ」
“ここにいたら死ななくていい子も死んじゃうんだよ!怒”
という言葉をのみこんで連れ帰ってきました。
He had a walking deficiency and couldn't be sold to pet stores, and I took him from the middleman. "You're going to take that? It's brain is bad. It'll die immediately!"
It took all I had not to shout back, "The babies in here who don't need to die will otherwise!"

手足を不自然に動かしてバタバタ走ってた
ナックリングもあってすぐに足から血が出ちゃったね
おしっこもうんちもグルグル回りながらだんだんトイレシートから離れて行ってしまうから、うちに来てからずっとオムツっ子だった
寒がりで真夏でも毛布にくるまっていたっけ
He ran padding about awkwardly with his paws.
He also had some knuckling and would bleed from his feet easily.
He'd spin around when he needed to go to the bathroom, and steadily strayed from the potty pads, so I've always had to keep him in diapers since day one at home.
He'd get cold easily, and I had to keep him wrapped up in a blanket, even in midsummer.


生まれた時から運動障害があったので積極的な運動やお散歩はできなくて寝て過ごすことが多かったです。なので筋肉がつけられずに本当にペラペラでした。「立たせて四肢に体重をかけるだけでも違うから」との先生のアドバイスで時間を見つけては体を支えて立たせることを繰り返しました。
He spent most of his days lounging about sleeping since he was born with a movement impediment and couldn't be active or take walks. That's why he was as sturdy as a toothpick, since he couldn't develop his muscles. "You won't be able to get him to stand up with his whole body weight on all 4 legs," the doctor advised me, so I repeatedly found the time help support him to stand.

思えば2015年6月に原因不明の高熱を出して入院したあたりから急速に弱って行った気がします。ほとんどの時間を寝て過ごすようになり便秘と下痢を繰り返すようになりました。ここ数ヶ月は自力での排便が難しくなり、毎日オムツ交換の時に腸をマッサージしながら絞り出すことが必要でした。
Come to think of it, I think he'd rapidly weakened since he got a high fever for some unknown reason in June 2015 and had to be hospitalized. He started spending almost all of his time sleeping and kept getting cycles of constipation and then diarrhea. It'd been difficult in the past few months for him to defecate by himself, and every day when I changed his diapers I had to massage his bowels to help coax it out.

筋肉が衰えると大腸の蠕動運動が低下して便秘になりやすくなります。そして寝たきりになると腸が緩んだ状態になり腸内の老廃物の移動が遅くなる弛緩性便秘になりやすくなります。老廃物の移動が遅くなると水分が腸に吸収されすぎて便が硬くなってしまいます。
また、便秘により腸内環境が悪化し下痢を引き起こします。「肛門近くは便秘の硬い便でふさがっていて、その奥は大量の下痢」ということになるのです。ローリーも自然排便ができなくて摘便をしたことがあります。
When the muscles weaken, the peristalsis of the colon declines, and constipation is more likely. Plus if he's sleeping all day, the bowels become soft and can lead to atonic constipation, in which the movement of waste in the intestines slows. If the movement of waste slows, too much moisture is absorbed in the bowels, and the stool becomes hard. In addition, the intestinal environment worsens due to constipation and causes diarrhea. Put it simply, if the anus is being blocked up by hard stool, a large amount of diarrhea is right behind it. It became so hard for him to pass it by himself that I sometimes had to stick a finger in to help him push it out.

寝ている間にバタバタ動いて毛布からはみ出してしまうと、手足が冷たくなってしまうローリー。ソックスを履かせてみたのですが動いている間に脱げてしまうしゴムの部分の締め付けで余計に血流が悪くなる感じがして使うのをやめました。
If his legs popped out from under her blanket while he was sleeping, his legs and feet would get cold. I tried putting socks on him, but he moved around so much they'd fall off, and I also think his blood circulation worsened due to the elastic, so I quit.
寒いです……
I'm cold....
何か良いものがないか探していて閃いたのがコレ
I had been looking around for some good things for him and happened to think of these.

足先まですっぽり覆えるベビー服
これがビンゴで足先の冷えが解消できたと喜んだのに……
Baby clothes that would cover him down to his toes.
Bingo. We were happy that his feet were no longer cold....


火葬が済んで小さな骨壷に収まってしまったローリー。それでもまだローリーの死を受け入れることができない
きっとあわて者の神様が間違えてローリーを連れて行ってしまったんだろう。ローリーの番は本当はずーーーーっと先だったはずなのに。神様、ローリーを返して‼︎
I had Rori cremated and put into an urn. Even still I can't accept the fact that he's dead.
Surely God had made a mistake and took him in place of someone else. It's definitely not his turn to go--far from it. God, bring him back!!

突然死、何の前触れもなく突然逝ってしまう。こんなことも起こることがあるからこそ本当は「今日が最期の日」という気持ちで一日一日を大切にしてワンズ達と接していかなきゃいけないんだよね。ワンズと・・というより「生き方」としてかな。
He died so suddenly, just passed away with no warning. It's exactly because these things happen that I need to make each day count with my dogs, because you never know if today will be your last. With my dogs...rather, maybe, as a way to live in principle, I guess.

時間が解決してくれるのを待つしかないんだろう。今はただローリーとの思い出にどっぷり浸かってたくさん泣きたい。それしかできないし。
Time heals all wounds, so I guess all I can do is wait. I just want to sit down and cry thinking about all the memories we made together. That's all I can do right now.

主人を亡くしたローリールーム
Rori's room, now empty without its owner

この場所を他の子達に開放できるようになるまでにはまだちょっと時間がかかりそう
I think I'll need some more time before I can open up this space to the other kids.

ローリーセット
Rori's outfits

ローリー 10年なんてあっという間だったね
Rori--10 years goes by in a flash


まだまだ美味しいものたくさん食べて欲しかった
ローリーのオムツ換えもしたかった
ずっと一緒にいられると思ってた
I wanted you to eat more and more good food.
I even wanted to change your diapers.
I thought we'd always be together.


そっち側でひと休みしたら必ずまたママのところに戻っておいで
「ママ、ただいま!ローリー帰ってきたよ!」ってちゃんとママにわかるように大きな声で言うんだよ
そして、その時は元気に走り回れる丈夫な体で生まれておいで
Rest over on the other side for a bit, then come back to Mommy.
Bark our loudly to me as if to say, "Mommy, I'm home! I'm back, Mommy!" so I'll know you're there.
And come back born into a healthy body so you can run around freely.

おねーちゃんに顔に落書きされたよ(>_<)
Sis graffitied my face (>_<) 
約束だよ
待ってるからね
少しのあいだバイバイ
I promise.
I'll be waiting.
It's just bye for now.




ぽちっと応援お願いします Every bit helps  にほんブログ村 犬ブログへ にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ

2017年1月23日月曜日

問い合わせをなさる方へのお願いです To those sending me inquiries

時々、募集中の子の事や「放浪して居る子がいるのですがどうしたら良いでしょう」というような問合せをいただくのですが、お返事をしたくても受信が拒否されてできないことが多々あります。「相談したのに無視かよ!」とお怒りの方もいらしゃると思うのですが、受信拒否をされている以上こちらからはどうすることもできないのです。
どうか、お使いの機器のメールの設定を確認してyahoo,gmailからのメールの受信ができることを確認してください。
Now and then I get requests for information about one of our dogs up for adoption or asking what to do about a wandering dog in the neighborhood. However, there are many cases in which I want to reply, but the email won’t go through and I can’t. I think some of you may also be angry thinking that I’m ignoring you even though you’re trying to consult me, but there’s nothing I can do about it because it’s a problem with the email system itself.
Please check your email system and make sure that you can accept messages from Yahoo and Gmail accounts.

今回、片足のないワンちゃんの件でお問い合わせがあったのですが受信拒否になっているようなのでこちらでお返事をさせていただきます。
This time I received an inquiry about a dog missing one leg, and the email wouldn’t go through, so I’m going to post the response here.

以下、お返事としてお送りしたメールの転載です
This is the exact email I was trying to send below.

*****   *****   *****   *****

お住いの場所やワンちゃんの詳細について、この文章からはなにもわからないのでお答えしにくいのですが、迷い犬ではなく「捨てられた」と明言されているということは現場を目撃されたのでしょうか?それであれば直ぐに警察に連絡をするべきです。捨てた人が特定できる様な(例えば車のナンバーや写メなど)ものをお持ちならなお良いですね。
I can’t really tell too much from the information given about your neighborhood or the dog, so this may not be the best response, but since you’re saying that you think the dog isn’t just lost but abandoned, I want to ask if you actually witnessed anything happening. If so, you should call the police straight away. It would be even more helpful if you have any defining information about the person who abandoned the dog (such as a license plate or photo).

そうでないのなら保健所や愛護センター、警察などへの連絡です。捕獲依頼ではなく「こういう特徴の犬がいるので探している人がいたらおしえてあげてください」と伝えてください。その上でFBTwitterなどで拡散するのも良いでしょう。
If not, you’d need to contact a shelter, animal control, or the police. Please tell them something like “There’s such and such sort of dog around here, and please let me know if anyone is looking for that kind of dog,” instead of requesting them to capture it. Then post the information to Facebook, Twitter, or other forms of social media if you can.

犬や猫を保護するのはかわいそうという気持ちだけではできません。保護には医療費をはじめフードやトイレシートなどに多額のお金がかかります。ノミダニ、カイセンなどの寄生虫や真菌などの皮膚病は犬は勿論、人にもうつりますし、他の犬との相性が悪ければ事故にもつながります。里親探しも時間も労力もかかる仕事です。何より里親さんが決まらなければこの先何年もその子の世話をしていかなくてはならないのです。
「かわいそうなので保護しました。ウチでは飼えないので引き取ってください」というのは非常に無責任なことなのだとご理解ください。
Caring for a dog or cat isn’t just about pity—it also takes a lot of medical fees and other money to buy food, potty pads, and other items. Parasites like fleas, ticks, and scabies, as well as fungal skin diseases, can be passed on to humans as well as dogs. If the dog doesn't get along with other dogs, it can also lead to accidents. Finding a new home takes a lot of time and work, and if one can’t be found, you’ll be needing to take care of the dog for possibly years to come.
“I took the dog in because I felt bad for him, but I can’t keep him at my home, so please take him off my hands”—please understand that this sort of thing is very irresponsible.

まずはIさんご自身が本当にその子を助けたいのか、その子を助けるために協力を惜しまないのかをご自身に問うて下さい。どんな協力ができるのかわからないのであれば「どんな協力が必要ですか」と聞いてみてください。団体さん等に丸投げすることなく積極的に関わっていく覚悟があれば、協力をしてくれる方も見つかると思います。
具体的に「どこそこなら引き取ってくれますよ」という返事を期待なさっていたかもしれませんが、どこも手いっぱいで資金不足、人手不足に悩んでいます。無条件で引き取ってくれるところはないと思ってください。
First, I would like you to please ask yourself if you yourself want to help the dog, and if you will spare no effort to do so. If you’re not sure what you can do, ask yourself, “What is necessary?” If you’re willing and prepared to be proactive yourself and not just leave everything to the organizations, you should be able to find someone to help you out.
I’m guessing that you’re maybe hoping for a reply saying specifically that such and such place will take the dog. However, everywhere lacks funds and manpower. It may be best to expect that no place will just take in a dog unconditionally.



*****   *****   *****   *****

放浪している犬、怪我をしている犬や猫を見てかわいそうと思うのはごく普通の感情です。大切なのはその後です。なんとかしてあげようと行動に移せるのか、どうすることもできないと諦めるのか。これは良い悪いの問題ではありません。行動することが良くて諦めるのが悪いということではないです。その時その時の状況で行動できることもあればできないこともある。ただ、「誰かになんとかしてもらおう」というのはダメです。他人に押し付けておいて「私はかわいそうな子を助けた」と勘違いすることほど罪なことはありません。
誰にでも「初めて」の時はあります。何をどうしたら良いのか、何を考えなくてはいけないのかわからないこともあるでしょう。そんな時は経験のある方に聞いてください。何度も言いますが丸投げはダメですよ。
経験のある保護活動者のアドバイスで初めてさんが上手に保護デビューできたら、より多くの子を助けられると思うのです。

It’s perfectly natural to feel pity if you see a wandering or hurt dog or cat, but the important thing is what happens after. Do you take action or give up? This isn’t a question about being good or bad—that taking action is always good, and giving up is always bad. There are things you can do and things you can’t depending on your circumstances, but no matter what, you can’t expect someone else to do something for you. There’s nothing worse than pressing someone else saying that you found some poor animal.
There are firsts for everyone. There’s a lot of uncertainties—what should I do, how should I do it, how should I not think? At those times, ask someone experienced. I will say it one more time—expecting everyone else to do everything for you is wrong.
If people were able to take in an animal for the first time based on advice from a more experienced professional, we would be able to save so many more dogs and cats, in my opinion.


ぽちっと応援お願いします にほんブログ村 犬ブログへ にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ